とーちゃん子育てと釣り日記

魚釣りと育児に奮闘中です。

シルバークリークシャッド!

さて、久しぶりに釣具のブログです。これがほんとは本職でしたね(笑)北海道は、冬です。おそらくは、北海道の淡水釣り師で、トラウト系を釣りに行く人はオフシーズンだと思います。たまには冬の川に行く事もあるかもですね。自分は、アイスホッケーが忙しいので魚釣り行く時間があまりないです。ダイエットしたい方も一緒に運動しませんか?なんてね(笑)

さて、北海道在住の自分が使っているルアーを見ていきたいと思います。

f:id:turibakapapa:20210121102847j:plain

今回は、「シルバークリークシャッド!」 中規模河川ではかなりの使用頻度のルアーです。自分は中規模河川ではシャッド系の使用頻度が高いです。これがないと勝負にならないくらい使っています。

 

シャッド系のプラグといえばブラックバス用のルアーとイメージされるかもしれませんが今はトラウトフィッシング用のシャッド系も出ています。もちろんブラックバス用のシャッド系も使っています。

 

シャッド系の動きとしては、基本的にキビキビとしたキレのある動きです。ミノー系よりもシャキッとした感じです。

 

 シャッド系は、ジャーク、竿を「クイッ、クイッ、」としてもスイミングしながら潜っていきます。

「動きを加えてもずっと泳いで、潜っていく感じです。」

ミノー系は、同じくジャーク、竿を「クイッ、クイッ、」とすると、ヒラうちしてアピールします。

「動きを加えたら、キラッ、フワッ、みたい感じです。」

 

それでは、、

北海道の中規模河川では水量がそれなりにあり、流れの中に魚が入っています。それなりに重たい流れの中で姿勢を崩さないで泳いでくれて深い場所に突っ込めるルアーが有利です。そんな時にはシャッドの出番です。

 

シャッドもウェイト移動式と固定式があります。

流れに負けないで姿勢を保って泳ぐのは固定式です。緩い流れに乗せるなら移動式でも安定してスイミングしてくれます。しかし重たい流れのエグれた場所に突っ込む様な感じならしっかり水を掴んでタイトにポジション取りしていかないと魚に勝てない為に、固定式が有利です。

次に、使う竿もシャキッとしたアクションの先調子、掛け調子の方が流れとシャッドのスイミング抵抗が重たい為、扱い易いです。

アクションをつけたりする事を考えると、胴調子の竿、巻調子の竿だと水の中を自由に動かすのが少したいへんです。

使うとわかる!かなりの戦力になるはずです。

 

 川でトラウトフィッシング!きっと冬にルアーを見てイメトレしてますよね。イメトレ楽しいですよね!

 

それではまた、春にはたくさん釣りに行くよ!したっけね〜、